2006年11月16日

アイオワ州

亜鉛のご紹介です!
亜鉛(Zn)は必須ミネラルのひとつで、毛髪や肝臓、前立腺をはじめ体内のあらゆる細胞に含まれています。200種類以上の酵素の構成成分である亜鉛は、たんぱく質やDNAの合成を促進する働きをし、細胞の新陳代謝や成長の促進を助けます。亜鉛は汗や尿と一緒に排出されてしまうので、特にスポーツやダイエットをしている人には不足しがち。また、一部の食品添加物や降圧剤が亜鉛の働きを妨げることもあります。 亜鉛は食事から摂取することが可能ですが、多く亜鉛を含む食品として、かき・肉類・内臓類(レバー)・するめ・うなぎ・たこ・そらまめ・ほたて貝・かに・カシューナッツ・そば粉・たらこなどがあります。
ゲルマニウムのご紹介!
ゲルマニウムとは今話題の32個の電子を持つ亜金属半導体です。ゲルマニウム ブレスレットはテレビで話題の装着するだけの健康商品です。近年ゲルマニウムの肩こりや身体の様々な問題に働きかける力が話題となり人気商品となっています。
新庄剛志 ゲルマニウムブレスレットのご案内!
新登場!新庄剛志デザインのゲルマニウムブレスレットは、ゲルマニウム99.9999%を100%応用した、究極のゲルマニウム ブレスレット!日本ファイターズの新庄 剛志選手が健康のためにと、試合中~またプライベートでもゲルマ梵字シルバーブレス愛用されております。新庄 剛志がデザインした新庄剛志デザイン ゲルマブレス!新庄ファンならずとも1つは持っていたい新庄グッズ!この機会に是非、新庄剛志 ゲルマニウム ブレスレットをお試しください。ゲルマニウムとは半導体の性質を有し、ダイオ−ドとして整流、感光素子に用いられ、またトランジスタ−として増幅、発振などに広く用いられてきました。現在ではゲルマニウムは光ファイバ−の素材として用いられているほか、高品質のペットボトルの製造には欠かせない触媒として無機のゲルマニウム化合物が利用されているのです半導体とは件によって電気を通さない絶縁体になったり電気を通す導体になったりする性質をいいます。

おすすめ→新庄剛志ゲルマブレス

満腹豆乳クッキーは栄養満点!味に満足!後に満腹!数ある代替食クッキーの中でも非常に低カロリー!1個でたったの30.2Kcal!なのに食物発酵エキスで栄養満点!さらにビタミンもたっぷり。1食分(3個)で栄養素をバランス良く効率的に摂取できる満腹豆乳クッキー(豆乳おからクッキー)です。
ブラック烏龍茶のご紹介!
烏龍茶(黒烏龍茶)が持つ自然の力をしっかり引き出した最高級のブラック烏龍茶です。脂肪の多い食事をとる方、食事の前後に一緒召し上がりください。食生活の改善にお役立ていたします。ブラック烏龍茶は1袋(2g)から約500mlを煮出すことができます。

太陽のカシスのカシスとはスグリ属の果実で日本ではクロスグリやクロフサスグリと呼ばれるベリー類の一種です。夏の太陽をいっぱい浴びて育った美しい色の酸味の強いカシスは、ポリフェノールを多く含み、カシス果汁に、ビート糖、果糖ブドウ糖液糖、はちみつ、りんご酢を加えて上品な甘さと爽やかな酸味を併せ持ったドリンクに仕上げたカシスドリンクです。太陽のカシスをご家族皆様の健康にお役立てください。

スクラッチ 角質!魔法のスティック スクラッチ」(フット ケア)は足のかかとや、足や手のタコやマメなど手足の硬い角質を簡単に除去することができます。「魔法のスティック スクラッチ」で古く硬くなった角質を軽くこすると面白いほどボロボロ角質が取れてきます。
ルテインは元々人間の目の中にあり若い人の目にはたっぷり蓄積されています。しかし年齢を重ねるとともにその量は減少してしまいます。年齢を重ねるとものが見えにくくなるなどの障害が出てくるのは、このルテインの減少が原因!これほど重要なルテインですが体内で作り出すことができません。特濃ルテインベリーは、目の疲れ・眼病予防・ドライアイなど 目からくる悩みに天然エキスが働きます。ベリー界の王様 ビルベリーは目に良い成分(アントシアニジン)の含有量がブルーベリーの5倍!目に良い成分をぎっしり凝縮!
■おすすめサイト→衛生用品コンドーム

カリウムバランサーのご紹介!
カリウムはナトリウムやカルシウムと共に、神経や筋肉の機能を正常に保つ為必要です。またカリウムは細胞内外のミネラルバランスを維持するのに役立ちます。 人間の体内では、細胞内にはカリウムが、細胞外にはナトリウムが多く含まれていて、それぞれに一定のバランスを保っています。近年カリウム不足による様々な弊害が危惧されています。カリウム ナトリウムをおすすめします。
ビオチンは皮膚炎予防因子として発見されたのがその始まりで、古くから皮膚病の治療に良いと言われてきました。ビオチン(ビタミンH)は、ブドウ糖のリサイクル、脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝に関わるカルボキシラーゼと呼ばれる酵素の機能を補助する補酵素として働きます。
posted by shyo at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。